FC2ブログ

ランキングの貼り付けミス m(_ _)m

記事にバナー貼り付けるのやめました。
現在、バナー消し作業中です。

理由は、別に貼り付ける必要がなかったからです

スマホ版でも、ランキングに参加していますを押せばバナーが出ることに気がつきました。

いちいち記事にバナー貼っ付けなくても良かったんです。

私はてっきり、いちいちコピペして貼っ付けないといけないと思ってました…。

キャッ!恥ずかし!!(//∇//)

コイツ、ランキングを押せとプレッシャーかけている……!と思わせてしまった方々には申し訳ないです。

ごめんなさい。
上記の私のアホが原因です。

ご閲覧ありがとうございます


【“ランキングの貼り付けミス m(_ _)m”の続きを読む】
スポンサーサイト



2019.03.31 | | Comments(0) | 謝罪

タルパにちょっかい出したい症候群

寝てて無防備な鬼怒丸さんに血が出るほど噛みたい。
いきなり背後で大声上げたい
……………。
まぁ、軽く頭突きぐらいはいいだろ。

"ツン"

「んんっ…なんだ…?」

鬼怒丸起床。意外とすぐに起きて俺笑う

「なんでもないwww」

「…用もないなら起こすなよ…。」

眠いからか、不機嫌そうに言い後ろを向けて寝始める

可愛いくてしょうがねぇ

ご閲覧ありがとうございます







テーマ:タルパ - ジャンル:

2019.03.30 | | 零花

プラーナと蓮華座

いやぁ、三月も本当にあと少しですね。
次の元号なんでしょうかね?

風呂に入っている時に蓮華座とプラーナをしました
そしたら思考が冴えて、リラックスできました。

こいつぁいいぜ!

魔術関係なく、普通に気分が良かったです。
*個人の感想です

ご閲覧ありがとうございます






2019.03.30 | | Comments(0) | オカルト関連

人成分強めな獣人

黒は様々な動物が混ざった姿をしています。

体型は人間でありますが、頭には黒い猫?耳。
腰からはカラスの翼とカラスの尾、そしてジョッキリ切断された伸縮可能でモフモフな茶色い尾があります。

"尾"が続きましたが、誤字ではありません。
そうです、異種族尻尾が二本あるのです。

カラスの尾の方はいつも開いて下を向いてます。

茶色い尾は黒が書いた絵を元にすると、ライオンの尾に似た形をしていましたが、切断された今では先端には毛が生えておらず赤黒く乾き、骨が透けています

(退化した尻尾を含めたら3本かな?というか退化した方はあるのか?)

ちょっと待て、ふ○りはwwwwww人なのか、動物なのか(ry

黒「見ますか?」
零「いや…いいです」
黒「まったく、下ネタばかり言って…」
零「マジで見せるつもりだった?」
黒「はい。減るもんじゃないですし、」

黒…この執筆風景を見てたのか。
まぁいいや

ご閲覧ありがとうございます
















テーマ:タルパ - ジャンル:

2019.03.29 | |

用語集

記事内での用語です(あくまでも深海貯蔵庫内の考えです)

家のタルパ(注・これは私のところのタルパが言ったことですので、よそのタルパ様は違うんじゃないか?と思います)・多数のエネルギーからできた存在。

半邂逅・半分邂逅型で半分創造型なタルパ。
創造型かと思ったら邂逅型だったタルパを指す

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
・通称・モグラ
モグラに見えないモグラ
頭だけ生えているように見えたので、モグラになりました。
かなり楽しいとき、または辛い記事での清涼剤の役割を果たします
"モグラ"という名称は、私がそう言っているだけなので他所様では通じない場合があります。ご注意ください

用語は随時更新です。
ご閲覧ありがとうございます

テーマ:タルパ - ジャンル:

2019.03.29 | | 用語集

明、スマホデビュー

黒と一緒にいたら明が来た。
明は私に寄りかかっている。可愛い…
明は私を不思議そうに見ている…なんだろうか?

「なにを見ているのですか?」

どうやら私が見ているスマートフォンが気になったようだ。すると黒が、

「これはスマホといいます」

微笑みを浮かべながら明へ伝えた

「スマホですか…」

明は興味深そうに、それでいてワクワクしながらスマホに近づく

「見てもよろしいでしょうか?」

やましいものは何もない。許可しよう

「いいよ」
「では、失礼します…」

明はスマホを覗いた

「きゃっ!」

明は小さな悲鳴を上げ、顔を隠した。

「猥褻物があるじゃないですか!すぐに消してください!!」

どうやら裸の女性の胸部がデカデカと表示された広告の事を言っていたらしい。
私は汚れてしまい、気づかなかった。

「広告は消せないよ。ゴメンゴメンwww」

可愛いなぁ…全く気づかなかったよ。
エロ広告があるの当たり前だったからwww

ご閲覧ありがとうございます













テーマ:タルパ - ジャンル:

2019.03.26 | |

黒が…の続きです

昨日の夜は黒と寝ました
いや、ただの雑魚寝です。エッチな意味ではございません。

夜の2時でしたので、お化けが怖くて黒を連れて行きました。

おや?心に違和感がありますね。不思議ですね
黒が自傷行為をしたあとすぐの感情が、新鮮に続いています。

あぁ、これが自傷行為を"見た側の"痛みですか

これがずっと続くなんて、苦痛でしょうがないです

私は少し心が麻痺しているところがあります。
私が懐いていたタルパが殺されてもなんとも思わなかったです。
ですが、麻痺している私でも辛いなら
黒が麻痺していないと仮定すれば、もっと苦しいと思います。

全くもって気に留められなかったです。
自分のことにしか、目がいかなかったです。

ご閲覧ありがとうございます







テーマ:タルパ - ジャンル:

2019.03.25 | |

黒が… *自傷関連のため、閲覧注意

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2019.03.25 | |

紹介記事 明

読み方 アキラ

性別 女

依り代 ブルーゴールドストーン

年齢 8歳

身長 123cm

目の色 金

髪の色 白

服装 メイド服

その他 ワニのような鱗肌

今日できたタルパ。
一日でオート化できた(理由はわからない)

生真面目な性格で、ダイブ界の防衛をしている
事前に予約を取ってから呼び出すと喜ぶが、
その性質のせいで面倒くさがりな私に中々呼ばれない
とても可愛い

明のアイコンです↓

2019032420404079c.png


ご閲覧ありがとうございます






テーマ:タルパ - ジャンル:

2019.03.24 | | 紹介

(過去話)優しい黒っち その3 流血有り

1、また懲りずに、ダイブ界で切ろうとする。

2、黒に止められる。

3、黒「どうしても傷つけたいなら、私を傷つけなさい」と言われる(自傷の話になっても言われる。
私が傷つくよりはマシらしい)

4、傷つけれずにすごすごと帰る

5、時が経ち、また1に戻る

を10回ぐらいやって、
死にたいんなら飯食う必要なくね?となり、
生きたい時だけ食べるという行為をして、痩せて目の周りが窪み、顔色が黄色っぽくなった。

その後、自殺願望は無くなり私は普通に食うようになった。
食わなくなった件について、タルパ達も影ながら心配していてそれがストレスになったのか、感情的になることが多くなった。

一方、食い始めたら自傷願望が顔を出してきて、
ダイブ界で切ろうとした。


しかし、また奴が止めてきた。

私はまたブチ切れた。

黒の顔を殴った。
血が壁までが飛び散る。黒の口から血と涎が混ざったものが垂れる
黒の胴体に何本か刃物を突き刺し、着ていた黒い服が濡れる。
怒りが終われば、血塗れになった黒がいた。

零「ほら…こんな…」
黒は痛みに耐えながら、ぎこちない笑みを向けた。

零「ほら?こうなるんだよ…?だから、」
零「止めるな。」
黒「……いいえ。止めません。これでいいんです。」

ご閲覧ありがとうございます










テーマ:タルパ - ジャンル:

2019.03.24 | |

«  | HOME |  »

プロフィール

如月 零花

Author:如月 零花
↑コイツは如月 零花です。少し変えました

こんなブログに来てくださりありがとうございます
タルパブログ始めました
なんの報告もなく書きかえることが多々あります。
ご了承いただけたら幸いです
このブログはリンクフリーです。ご自由に貼ったり剥がしたりなさってください

7/26 非日記じゃなくても登場人物ごとに色変えを使うことにしました。タルパまたは、人によって文字色変わるようにしました

コメント、大歓迎です ✌︎('ω'✌︎ )
相互リンクは6/3くらいから不具合?が発生して相互リンクができませんのでご注意ください

2019/08/17から、如月 零花はこの青色になり、訳あって変わります。素の如月 零花でやっていた方は、名前は変わりますけど色変えはしません

2019/09/20 変えました。タルパーが書くときは全て青色で統一します
2019/10/01 色変えやめました。このブログのタルパーは如月 零花で統一します

ランキングに参加してます

fc2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR